excitemusic

自己啓発セミナーに関する様々な事柄を思いつくままに
by seminar_blog
ICELANDia
最新の記事
カテゴリ
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
自己啓発セミナーの多様化..
from 宗教&カルト・ウォッチ
アレクサンダー・エベレッ..
from でじたる異言ノォト
ロバート・ホワイト氏基調..
from 宗教&カルト・ウォッチ
花月荘に泊まってみた
from 宗教&カルト・ウォッチ
名誉毀損:橋爪研吾 つい..
from 霞っ子クラブの裁判傍聴記
[コンピュータ]グロービ..
from 風のまにまに(by iron..
「霞っ子クラブ」デビュー!!
from 今井亮一の交通違反相談センター2
阿蘇山
from 世界の山々
満員御礼☆「裁判傍聴のス..
from 霞っ子クラブの裁判傍聴記
割賦販売法
from 日本の法律について
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Trouble( 6 )
ASKのセミナーで死亡事故
 日本で最初の自己啓発セミナー会社ARCインターナショナル直系のASKグローバルコミュニケーションのセミナーで、今年1月、受講生の男性が受講中に倒れ搬送先の病院で無くなるという事故がありました。その亡くなった男性の遺族がASK、ニューウエイズジャパン(NWJ)ワンダーランドの3社を訴え損害賠償請求をしているようです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010041200792
 人材能力開発会社の自己啓発セミナーで今年1月、大阪市在住の元美容師の男性=当時(26)=が死亡したのは、主催者らが注意を怠ったのが原因として、男性の遺族が12日、同社などを相手に計約1億2000万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
 この会社は「ASKグローバル・コミュニケーション」(東京都豊島区)。遺族は、健康用品販売会社「ニューウエイズジャパン」(横浜市神奈川区)と「ワンダーランド」(大阪市福島区)も提訴した。
 訴状や原告側によると、男性は会員制交流サイト(SNS)でワンダーランドの会員から誘われ、2008年10月に同社の会員となった。「セミナーを受ければ自分が変わる」と言われ、ワンダー社に18万円を支払い、東京都内でASK社の自己啓発セミナーに参加。1月27日、手足を激しく動かすダンスを踊っていた際に倒れ、搬送先の病院で急性心不全による死亡が確認された。少なくとも約30分間踊っていたという。
 セミナーは「限界を突破する」と称し朝から夜まで続き、手足を激しく動かすダンスを踊ったり、反省の言葉を叫んだりするという。原告側はASK社とワンダー社の代表が現場におり「事故を予見できたのに予防措置を怠った」としている。
 ワンダー社はニューウエイズ社の会員が集まり、同社が扱う化粧品などを販売。同社は08年、マルチ商法で、経済産業省から特定商取引法違反で3カ月の一部業務停止命令を受けた。
 ASK社とワンダー社は取材に対し「セミナーは受講生の皆さまの生命、身体に危険を及ぼすものではない」としている。ニューウエイズ社は訴状が届いていないとし、コメントしなかった。


 2001年にも自己啓発セミナー大手の日本創造教育研究所のセミナー受講中に男性が倒れ、その後に亡くなったという事故が起きています。
 今回の事故は何が原因でしょうか。
 記事を見ると
  >1月27日、手足を激しく動かすダンスを踊っていた際に倒れ
とあります。
 次にASKがWEBサイトで公開しているセミナースケジュールを見てみます。
  今年1月のスケジュール
 1/27はSEEK(Breakthrough Course)の3日目のようです。SEEKはライフ型3段階セミナーの2段階目のセミナーで、3段階の中でもっとも肉体的・精神的にハードなセミナーです。
 この事から、亡くなった男性は「変身劇」の実習中に倒れたのではないかと考えられます。
 変身劇の実習とは、2段階目の3日目に行われ、セミナーのハイライトともいえるものです。これは、各受講生にトレーナーから役を与えられそれになりきって演じる、というものです。その受講生が苦手としているもの、普段行わない行動をするものが、主に与えられます。殻を破って新たな自分を手に入れるというのが目的の実習です。
 変身劇はただ演じれば良いだけではなく、観客(他の受講生やアシスタント、トレーナー)が全員一致で「役になりきった」「殻を破った」と判断するまで続けさせられます。

 亡くなった男性は、踊るような役(ダンサーや男性アイドル歌手等)の役を与えられ、観客からのOKを貰うために激しく踊ったのでしょう。
 このような役を与えられる受講生の特徴は、「大人しい」「覇気が無い」「自己主張しない」等の印象を受ける人が多いようです。この男性がどうだったのかはわかりませんが、そのような人だった場合、「限界を突破する」為にいつもしない激しい動きを急激にしたのではないかと思われます。
 セミナーの危険性はこんなところにも存在しています。トレーナーは訓練を受けているとはいえ、マニュアルに反ってセミナーを進行するだけの人間で、医学や肉体などの知識は素人同然です。「限界を突破する」といって、命の限界まで突破させてしまうのです。

 この記事で少し気になるところがあります。
  >ワンダー社に18万円を支払い、東京都内でASK社の自己啓発セミナーに参加。
 この部分。男性はASKにではなくワンダーランドにセミナー受講料を支払っています。
 ASKは典型的なライフ型3段階のセミナーを行うセミナー会社で、新規の受講生は3段階目の勧誘実習で3段階目を受講中の受講生が勧誘して集めます。男性はワンダーランド関係者に勧誘されたのでしょうか。1段階の受講料なら、ワンダーランドを経由してASKに支払われた、という流れも想像できるのですが、2段階目は、通常1段階目のセミナーが全て終わった後、インタビューと称する2段階目への勧誘イベントでインタビュアーから打診を受け、建前上」、受講生自らの意思で受講を決めます。受講料はセミナー会社へ直接支払われます。
 そこで、ワンダーランドという会社がどのような会社か調べてみたところ、マルチ商法会社のNSJのディストリビュータ(販売員)が集って、NWJの商品を販売する為に起こした会社であるようです。しかし、ワンダーランドのWEBサイトで会社概要の事業内容を見ると「セミナー企画・運営/出版」とあります。そして、トップページには提携企業としてASKのバナーが貼られセミナー申し込みページまで用意されています。
 これは、受講生からの直接の紹介だけで新規の受講生を集めていた自己啓発セミナーが、他社の力を借りて受講生を集めるビジネスモデルに変化した事が伺われます。ワンダーランドと提携したのは、NWJのディストリビュータを取り込めると算段したのではないでしょうか。

 マルチ商法と自己啓発セミナーの関係は深く、自己啓発セミナー黎明期から持ちつ持たれつの関係です。
 自己啓発セミナー元祖のライフ・スプリングは、マルチ商法会社ホリデー・マジックのディストリビュータ研修を請け負っていたロバート・ホワイト氏が設立したものであり、3段階のライフ型セミナーはホワイト氏が行っていたディストリビュータ研修を商品化したものだと言えます。
 マルチ商法はディストリビュータ自身によって新たなディストリビュータを勧誘し、自分の配下に付けます。自分の配下の売上は、自分の収入に反映されるので、多くの配下を持つ事が収入アップに繋がります。さらに、自分の配下が新たに勧誘し配下に付けると、それの売上も自分に反映されます。マルチ商法ではそうやって形成されたラインをグループと呼び、グループ内で独自の勉強会やミーティングを行っている事が多くあります。ワンダーランドはそのグループが法人化したものだと思われます。配下が増えるほど、ラインが伸びていくほど、自分の収入が増える事が期待できるので、商品を売る事よりも勧誘する事を強要するグループもあります。
 自己啓発セミナーはマルチ商法の研修が基になっている為か、勧誘実習があります。「自分が体験した良いものを周りに広める」という建前上のコンセプトがマルチ商法と一致するため、その考えを植えつける為にマルチ商法のグループ内では、上位のディストリビュータが下位のディストリビュータを自己啓発セミナーに勧誘するという事が多くあります。

 この事故は自己啓発セミナーの直接的な危険性を知らしめるだけではなく、自己啓発セミナーとマルチ商法の関連性を明るみさせた事件だともいえると思います。

参考:
自己啓発セミナーで死亡 セミナー会社を提訴(やや日刊カルト新聞)
【速報】ワンダーランドのセミナーで死亡事故!遺族が提訴!(マルチ商法『ニューウエイズ』入門。)
自己啓発セミナーで死亡事故・賠償請求訴訟に(酔うぞの遠めがね)
[PR]
by seminar_blog | 2010-04-15 12:46 | Trouble
HOHと被害者が和解
 HOHと被害者の間で和解が成立しました。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010041400711
 自己啓発セミナーで恐怖心をあおられ多額の金銭を支払わされたとして、参加者らが主催会社「ホームオブハート」(栃木県那須町)に損害賠償を求めた訴訟などは、同社が請求を上回る額の和解金を支払うことで、14日までに和解が成立した。
 参加者側代理人の紀藤正樹弁護士によると、和解は東京地裁で3月9日付で成立。女性5人に今月9日までに和解金が支払われ、参加者側が訴えを取り下げた。
 同地裁や東京高裁では既に、同社などに賠償を命じる判決が出ている。同社側は上告や控訴のほか、紀藤弁護士らに賠償を求めた訴えなども取り下げ、計8件の訴訟が解決した。
 紀藤弁護士は「勝訴的和解だ。これからも被害救済とホームオブハートへの追及を続けたい」と話している。


 HOHと被害者や被害者の代理人弁護士の間では何件もの訴訟があり、さながら訴訟合戦のような状態でしたが、今回の和解でHOHから被害者側に被害実損額と裁判で勝訴した場合と同額の慰謝料および弁護士費用が支払われ、被害者にとってはほぼ全面勝訴的な解決となりました。
 今回の和解は、HOHの広告塔としてコンサートやCD販売などで活動していたTOSHIが、今年1月にHOHからの脱退を表明したのがきっかけだと思われます。HOHにとってTOSHIは、防御壁のような役割だったと思います。しかし、その防御壁が一転して自分達を攻撃する側に回ったため、これ以上、裁判で争うのは不利だと判断したのではないでしょうか。
 しかも、被害者の請求をすべて認めた上でのHOHからの和解提示ですから、HOHが全ての非を認めた事になります。

 TOSHIと同様に、まだ被害回復がされていない元受講生や、現在でもHOHに残っている潜在的な被害者はまだ存在しています。被害者団体の代理人である紀藤弁護士は「ホームオブハートへの追及の手は緩める気はありませんし、またホームオブハートを脱会してくる被害者らへの暖かい手を差し伸べるつもりでいます。」と自身のブログに書いています。

 TOSHI自身もmixiの日記で以下のように報告しています。
以下のような文章が紀藤正樹弁護士のブログに掲載されました。

「被害者らの主張を、でっちあげなどと述べてきたホームオブハートが、被害者側の請求をすべて認めるものであり、言わば白旗とも言えるものであったことから、被害者らとしては、2004年4月から続く、一連の紛争にいったん終止符を打つこととし、この勝訴的和解を受け入れることにしました(2010年3月10日)。」(紀藤弁護士のブログより)

http://homepage1.nifty.com/kito/htp-info.htm


このような形で、ホームオブハート被害者の皆様や紀藤弁護士らのすべての関連裁判が、完全勝訴的に終止符を打つこととなりました。
皆さまにご心配をおかけしましたが、本当に今までありがとうございました。


今後は、このような多くの被害者がこれ以上出ないように、また、自分自身も13年間のすべてのものを奪われたことについて、正面から戦っていきたいと考えています。


 和解したからといって一件落着ではありません。まだまだHOHの問題は残っています。1日でも早く、全ての被害者が救済される事を祈っています。

参考:
ついにホームオブハートと全面勝訴的和解が成立(紀藤正樹の/LINCホームオブハートとToshi 問題を考える)
ホームオブハート事件:全面勝訴的和解の成立-2004年4月以前の被害者についての勝訴的和解のご報告(弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版)
ホームオブハート訴訟、被害者の“完勝”で和解=TOSHIの脱会が転機に(やや日刊カルト新聞)
ホームオブハート裁判・和解で終結。(酔うぞの遠めがね)
[PR]
by seminar_blog | 2010-04-15 10:47 | Trouble
セミナーの役務不履行

 お金を払ったのに期待したサービスを受けられなかったらどうだろう?
 名古屋に本社を置くサイセミナーズ・アジアでは、現在、受講者との間で役務不履行による紛争が起こっている。

 サイセミナーズ・アジアは1992年に米国psi seminarsの日本支部として設立された。
 創立者のウィルハルトは米国マルチ商法企業ホリデーマジック社の経営者パトリックに師事し、セミナーを学んだ後、psi seminarsを設立したとされる。パトリックはライフ型セミナーの雛形となったライフスプリング社の設立にも深く関わっている人物である。
 ウィルハルトはパトリックの影響を受けているとは考えられるが、ライフスプリング(ライフダイナミクス)社以降に設立された多くのセミナー会社と違って、psi seminarsはライフスプリングの出身者によって作られたセミナー会社ではない。プログラムも典型的なライフ型の3段階方式(第1段階:3日間の通い+2時間程度のインタビュー、第2段階:3~4日間の合宿、第3段階:2~3ヶ月間の勧誘実習)とは異なっているようである。
 現在、サイセミナーズ・アジアのサイトは閉鎖されて見れないが、米国本社のサイトを見ると、BASIC→PSI7→Pacesetter's Leadership Dynamics(PLD)という3段階の流れのようである。しかし、内容は典型的なライフ型とは多少異なっている。特に顕著なのは、第2段階のPSI7であろう。通常のライフ型の第2段階は3~4日間の合宿形式で、セミナーはホテルや研修センターの研修室の中のみで行われる。一方、PSI7の場合は、7日間の合宿形式で開催場所がpsi seminars所有の牧場等であり、自然の中で体を動かしながら学ぶセッションもあるようである。

 さて、冒頭に書いた役務不履行について…
 サイセミナーズ・アジアでは米国本社行うセミナーに参加するオプションを設定していた。これは、サイセミナーズ・アジアのBASICコース卒業生が米国本社が開催するセミナーに参加できるものであった。しかし、昨年頃から申込み受講料を払ったのに履行されない、という事が相次いで起こっている。
 当初のサイセミナーズ・アジアの言い分では、受講者が集まらず延期している、というものであった。
 延期するならばと、キャンセルを申し出た申込者に対して、返金がされず紛争が起こっている次第である。
 何名かの申込者は、サイセミナーズ・アジアを被告として返金を求める小額訴訟を起こし返金の確約を得ている。しかし、サイセミナーズ・アジア自体に全ての申込者に対して返金できるだけの資金がなく、分割返済になるという事である。
 何故、このような問題が起こったのか?米国行きは1回も実施されていないわけではなく、問題が起きる以前は何度が実施されていたようである。それが、昨年半ば位に突然実施されなくなった。
 サイセミナーズ・アジアは、昨年7月にpsi seminarsから一方的に提携関係を切られたようである。提携を切られればセミナーの共催も不可能になり、米国でのセミナーも履行出来ないのは明らかなのだが、その事実を申込者に隠し返金を長引かせていた。この事実は、今年10月に行われたサイゼミナーズ・アジアの卒業生に対する報告会の案内で、有志により明かされた。

 契約が履行できないと判明した時点で、申込者に案内を出し返金をするのが普通の商行為であるが、サイセミナーズ・アジアではそれが出来ていなかった。訴訟を起こされても尚、psi seminarとの提携関係を切られた事を明かさず、役務不履行の理由も曖昧なままであった。

 サイセミナーズ・アジアは、現在、psi seminarから商標の使用を止めるように求められている。現在の組織を存続させていくのならば、名称変更を強いられる事になるだろう。
 それ以前に、役務不履行により生じた受講生・卒業生のサイセミナーズ・アジアに対する不信感を如何に拭い去るかが重要である。卒業生が集まる掲示板では、今回の問題が発覚してから設置されたものだが、既に匙を投げている卒業生が見られる。
 現在、サイトを閉鎖しているのは体制の立て直しのための準備なのか、このまま雲隠れする為なのかはわからないが、暫く、サイセミナーズ・アジアの動向を観察したいと思う。

参考リンク:
「自己啓発セミナー対策ガイド」内サイセミナーズ・アジア
米国psi seminar BASICコース受講者のblog[英語]
[PR]
by seminar_blog | 2005-11-15 14:13 | Trouble
学生のセミナー事情
 近年、大学生を中心として若年層の自己啓発セミナー契約トラブルが多いようです。
 多くの大学生等の若年層は、行動範囲は学校・バイト先等に限定され、人間関係も社会に出て多くの人と交流している社会人に比べれば少ないのが現状です。その為、セミナー受講生が勧誘活動をしようとすると、必然的に学内のゼミやサークルで行うようになります。
 ゼミやサークルにセミナー受講生が増えれば受講経験者と未受講者の間で対立が起きます。また、逆に勧誘がうまくいかずに勧誘している人が「怪しいものに嵌っている」という目で見られ、孤立する事もあります。

 各大学の学生課や就職課では、自己啓発セミナーの勧誘に注意するように、という通達を出しています。
 駒澤大学
 武蔵工業大学
 東京女子大学
 中央大学
 札幌学院大学
 明星大学
 立教大学
 ※順不同

 上記のように各大学はWEBページや学内の掲示板等で学生に注意を促しています。しかし、相変わらずトラブルは絶えないのが現状です。これは、学生が自分の学校のサイトや掲示板を見ないというのもあるでしょうが、セミナーに誘ってくる人が身近な友人の為、全てを疑えない、というのもあるのでしょう。
 また、社会経験も浅く、悪質な業者の見分け方もわからない、「自分は騙されない」という根拠のない自信を持っている、という理由も考えられます。

 国民生活センターに寄せられた「精神修養講座」の相談は、2000年~2005年9月2日までで3454件です。そのうち、学生の相談は905件となっています。相談件数の1/4以上になるほど、学生の被害は多いのです。
 各大学は、今一度、学生への啓蒙方法を考え直してほしいものです。
[PR]
by seminar_blog | 2005-09-04 23:40 | Trouble
まわりへの影響
 セミナー勧誘によるトラブルというのは、僕のサイトで扱っている契約に絡む問題はもちろんの事、それまでの人間関係に悪い影響を与えてしまう、というのがあります。

 親友がセミナーに嵌って自分を勧誘しにきた。そんな体験を持つ方も多いと思います。セミナーに対して否定的な考えを持つ人は、その時、どのような態度を取ればいいのか迷う事もあるでしょう。
 「親友だし無下に断るのも申し訳ない」という気持ちが強いのではないでしょうか。しかし、セミナーの危険性やおかしな点を理路整然と説明しても、相手はセミナーを信じきっているのでちゃんと聞いてくれない。そんな経験をした事がある人もいると思います。
 そして、会う度にセミナーの話しかしない相手に嫌気が差して、だんだん疎遠になっていってしまう。セミナーでは、より良い人間関係を築くために勧誘活動をさせている筈なのに、まったく逆の結果が生まれてしまいます。

 「セミナーに友達から誘われて困っている。友達をなんとかしてあげたい」等の相談はよくあります。その様な相談に対しては、僕はいつも「相手の体験は認めてあげて下さい。その人がセミナーで体験し、良かった、成長した、と感じている事は、その人にとっては『事実』です」と答えています。そして、「その人がセミナーから離れた時には、以前と変わらない様に接してあげてください」とも伝えます。
 セミナーに嵌って勧誘を頑張れば頑張るほど、周りから人がいなくなってしまいます。セミナーの内容がどうであろうと、セミナーを受講して得た体験は、少なくともその時点では、その人にとって価値があるものです。
 周りから人がいなくなった上に体験まで否定されてしまったら、その人の拠り所はセミナーだけになってしまいます。また、セミナー熱というのは一過性のもので、大体の人はある程度の期間でセミナーから離れていきます。その時にまわりに誰もいなければ、また別の場所に拠り所を求めるようになってしまいます。

 親友からセミナーに誘われた経験のある人の手記を見つけました。
  親友Tのこと・・・
 全6回のシリーズになっています。

 この方は、親友Tさんを無理に説得せずに、セミナーを受けない事を納得させるためにゲストイベント(セミナー会社が行うオリエンテーション。この場でスタッフや紹介者以外の他の受講生から猛烈な勧誘が行われる)に参加しています。僕は、ミイラ取りがミイラになる危険性があるので、どんな意図にせよ、そのような場に出向く事はお勧めしません。しかし、この方の場合は、親友Tさんを説得する事は出来なかったけれども、納得させる事は出来たようです。
 ハイライトはセミナー会社社長と思われる人とのやりとりですね。このやりとりを見ていて、セミナーに対して、少しの疑問を持たない人はいないでしょう。
 親友Tさんもセミナーに疑問を持ったためか、この方に勧誘は無理だと判断したためかはわかりませんが、それ以降、この方へのセミナーの勧誘はしなくなっているようです。

 この様に上手くいく事は少ないでしょう。むしろ、レアなケースだと思います。しかし、親友がセミナーに嵌っていて悩んでいる人にとっては、何らかの参考になるのではないでしょうか。
 説得するために、ゲストイベント等のセミナー側の人間がいる場所に出向くのは、やはりお勧め出来ませんが…
[PR]
by seminar_blog | 2005-08-31 21:06 | Trouble
エンロール
 前回のブログでは、セミナーが存続していけるのは勧誘実習があるから、という事を書いた。実際、勧誘実習を廃したセミナーはいくつかあるが、どれも長続きしないようである。例外は日創研くらい。その日創研も、PSS期間中なら代表取締クラスの人間をSAに無料で誘う事が出来るらしい。(Saki's Home Pageの掲示板より)

 セミナーに何の予備知識を持たずに参加した場合、第3段階になって初めて勧誘実習をがあるのを知る事になる。セミナー側の言い分では、勧誘実習をやるかやらないかは本人の意思で決める、とされているが、実際はやらなければならない状況を作り出される。
 セミナー参加のルールとして「100%参加」というものがあり、全ての実習・講義に参加しなければならない、というものである。つまり、「勧誘実習だけはやりません」というのは認められないのだ。頑なに勧誘実習を拒めば、「お引取り下さい」という事になる。

 そもそも、第3段階のセミナー受講を契約するに当たって「勧誘実習がある」という事実を伏せるのは、消費者契約法により契約取消を求めるのに十分な理由である。
 不当な契約を結ばされた上に、強制ではないと言っておきながら強制的に勧誘をやらせる事は、まともな企業では考えられない事である。第2段階の途中で第3段階の簡単な案内があるのだが、そこでも勧誘実習の事は触れられず、「セミナーで成長した自分を実生活で試し、周りに自分の事を伝える訓練の場」というような曖昧な説明しかされない。アシスタントにも「エンロールの事を聞かれても詳しい事は言うな。紹介したい人に紹介するだけと言え」の様な指示が出される。

 セミナーは基本的に内容に関しては秘密主義である。しかし、ETLジャパンは自社のWEB SITEのQ&Aコーナーで勧誘実習がある事を認めている。この事自体は評価出来るのだが、やはり「このトレーニングに参加するかは受講者ご本人の意思に委ねられています。」という建前でまとめられている。前述したように、勧誘実習に参加しなければ、第3段階のセミナーは受けられないのである。

 「成長したい、学びたい」と向上心を持って参加しても、勧誘をする事を決めなければセミナーに参加すら出来ない。これのどこが「本人の意思に委ねられている」と言えるのだろうか?
[PR]
by seminar_blog | 2005-08-23 22:02 | Trouble